日の出屋製菓といえばロングセラー商品の「湯の花せんべい」
三重県は名峰「御在所岳」の麓
湯の山温泉施設「ホテル希望荘」の山上館内にあります

商品のご紹介

湯の山温泉オリジナル

三重県菰野町にある開湯1300年の恋結びの街「湯の山温泉」で販売している商品です。

一覧はこちら

長島温泉オリジナル

長島温泉に広がる大型アミューズメント施設「ナガシマリゾート」で販売している商品です。

一覧はこちら

ご当地限定

湯の山温泉や長島温泉でしか手に入らない、お取り寄せ不可のご当地限定商品です。

一覧はこちら

戦後間もない昭和20年代
リアカーで手売りした炭酸せんべい

日の出屋製菓は、戦後間もない昭和20年代、創業者千種一夫が、当時まだ手焼きだった炭酸せんべいを、リヤカーを引きながら手売りで売り歩いた所から始まりました。

そして、昭和32年に有限会社 日の出屋製菓へ。地元湯の山温泉、桑名市長島温泉をメインに販売を続け、おかげ様で創業60年が経ちました。

半世紀以上変わらない
味とパッケージデザイン

現在の「湯の花せんべい」は、味も当時のまま、無添加で作っています。昭和34年の御在所ロープウェイ開通を機に今の缶入になり、パッケージデザインはほぼ変わっていません。

半世紀以上、味もデザインも変わらない日の出屋製菓を代表するロングセラー商品です。